令和3年度 事業計画

 世界中に拡散した新型コロナウィルス感染症の確定診断のため、必須となっているPCR検査等において衛生検査所の活動が期待されている。今や医療においては、新型コロナウィルス感染症に限らず、疾病の早期発見、治癒状況の把握のために衛生検査はなくてはならない存在となっている。今後、衛生検査所が医療を支える存在として、更に検査の品質・精度を維持向上させ、国民からの信頼と期待に応えていくことが求められている。
 こうした中にあって、会員衛生検査所が一丸となって公正競争規約の遵守を徹底し、公正な競争を維持・促進させることを通じて医療サービスの発展に寄与し、医療機関はもとより国民からの信頼を高めていく必要がある。また、規約の遵守が企業経営の健全化にも寄与することから、コロナ禍での影響も懸念されるが、引き続き、規約が当業界の正常な商慣習として定着することを目指し、以下の諸活動に取り組んでいく。


1 研修会の実施等、規約違反の未然防止への積極的な取り組み

(1)会員向け研修会の実施

(2)個別事前相談への対応

2 規約違反事案に対する調査・措置等

規約違反の拡大防止のため、規約違反行為に対しては迅速に処理する必要があるところ、情報提供を呼びかけ、違反行為に係わる情報に接した場合には迅速な処理を行う。

3 会員向けの広報活動

(1)「オンライン検査サービスに伴う景品類に関する運用基準」のリーフレットの作成・配付

(2)公正競争規約啓発ポスターの作成・配付

(3)公取協ニュースの発行、公取協ホームページの充実

4 対外的な広報活動等

公取協ホームページを拡充するとともに、医療関係の業界誌・紙等を活用した規約の周知徹底。

5 関係省庁及び他団体との連携

消費者庁、公正取引委員会及び厚生労働省との連絡を密にするとともに、医療関係4公取協の連携を図ることによる規約の適正な運用。

6 独占禁止法を遵守した公正な競争の促進


7 組織の拡大・強化



令和2年度事業計画はこちら

上へ